まぁ、解答速報で採点して合格していることはわかっていましたが、無事、3級2級ともに合格しました! ダブルで合格すると上位の合格証しかもらえないのですね・・・ まぁ一般的にはそれでいいのですが、資格コレクターの私はちょっと残念な感じです(笑

さて、さっそくですが来年のフォトマスター検定の試験日程が決まったようです。来年の試験日程は・・・

平成29年11月19日

です!

神戸マラソンとかぶった・・・

まぁ、マラソンはおそらく当選しないと思うので、ここは順当に準1級、1級を目指して検定を受験する予定です。

ちなみに、その準1級、1級はやはりかなりの難関らしくて、準1級の合格率が「24.70%」、1級の合格率は「22.08%」です。こりゃしっかり準備しないと落ちますね。というわけで、これから写真の勉強の旅は続いていくのであります。

同じ写真が短期間に2回売れました!

20161006_001

この浮見堂の写真は私も好きな1枚です。
さわやかでいいですよね~。

最近、写真の売り上げがなくて寂しいなぁと思っていたら、以前にも売れた、レッサーパンダの写真が売れました!

20161006_002

この写真はなかなか人気がありますねー。
動物の写真はやっぱり癒されます。

fotliaにアップロードした写真の審査結果がわかりました。

fotoliaの2016年11月の採用率は44%でした。

今月のfotoliaはいまいちな結果となってしまいました。
東大寺の大仏の写真が全滅。平城宮跡の朱雀門もほとんどダメ。やっぱり権利関係の問題かなぁ。PIXTAでは順調に採用されているんですけどね。

今年も残すところあと1か月と少しですね。来年の2月でストックフォトを始めてちょうど1年になります。なかなかうまくいかないものですが、今後もこの調子でのんびりやっていきたいと思います。

2016年11月20日、今日はフォトマスター検定3級と2級の試験日でした。

私は趣味で写真をやっておりまして、フルサイズの一眼レフなども所有しています。綺麗な写真やいい写真を撮影するためには、構図を考えたり、露出を制御したりといった技術が必要です。でも趣味として写真をやるには、それだけではなんだか物足りないな、といつも感じていました。いい写真を撮るだけじゃなく、写真にまつわるいろいろな知識や技術を勉強したい。そんなことを考えていると、ある日、「フォトマスター検定」なる検定があることを知りました。書店で問題集を見てみると、フィルムカメラの知識から、写真の文化的な内容まで、写真やカメラにまつわるいろいろな事が勉強できる試験だとわかり、これだ!と思い、さっそく3級と2級の試験を併願することにしました。

今日の試験までの勉強期間は約1か月と言ったところ。放送大学の勉強も並行してたから、正直そこまでがっつり勉強できたわけではありません。それで勉強につかったテキストが↓です。

フォトマスター検定合格〈平成28年度〉―必ず役立つ基礎知識と前年度問題解説集
フォトマスター検定合格〈平成28年度〉―必ず役立つ基礎知識と前年度問題解説集
  • 発売元: 日本カメラ社
  • レーベル: 日本カメラ社
  • スタジオ: 日本カメラ社
  • メーカー: 日本カメラ社
  • 価格: ¥ 1,836
  • 発売日: 2016/07/12
  • 発売日: 2016/07/12
  • 売上ランキング: 9346

とりえあえずこれです。というか、これくらいしか選択肢がありません(笑
このテキストですが、1級から3級までのすべての試験区分の過去問が掲載されています。まぁいずれすべての級を受験しようと考えている人なら無駄になることはありませんが、特定の級をピンポイントで勉強したい人にとっては、若干不親切ではありますね・・・

今日の試験を受験してわかったのですが、情報処理の試験ほどではないですが、結構過去問から出題される試験問題があるとわかりました。あと、実際の試験内容についても、ちゃんとこのテキストに解説されている内容からの出題が多かったです。(※ただしテキストにはまったく書いていない未知の問題も数題ありました)

試験勉強を通じて、普段馴染みのないフィルムカメラの基礎知識なども学べたのはよかったと思いました。なんだかんだ言って、フィルムは写真の原点ですからね。デジタル世代の私ですが、フィルムカメラという写真の一般教養的なこと学ぶことができてよかったです。

とりあえず今日の試験で一区切りということで、しばらくは放送大学の勉強に専念できそうです。ちなみに今日の試験結果は1か月後に郵送で送られてくるそうです。まあ合格ラインの7割は3級、2級ともいけてると思うのですが、1か月後の正式な発表を楽しみにしています。

※この記事は私が運営している「Web制作の現場から」のブログ記事の転載です。

Photo Libraryにアップロードした写真の審査結果がわかりました。

Photo Libraryの2016年11月の採用率は76%でした。

今月は「やった!」といった気分です。
主に奈良公園付近の風景写真をアップロードしたのですが、それなりに採用されました! 10月の採用率が11%だったので、それに比べると大躍進ですね。朱雀門の写真ですが、付近が工事中だったので全景の写真に収めるとどうしても不格好になっていまいまして、しぶしぶ一部をトリミングしたような構図の写真ばかりでした。それでもほとんど採用されたので、ほっとしています。

12月は紅葉の時期ですね!
京都と奈良の紅葉の写真を撮影してアップロードするつもりです。お楽しみに!

2016年11月のPIXTAの審査の結果がわかりました。

PIXTAの2016年11月の採用率は82%でした。

今月からPIXTAのアップロード制限枚数が増加したので、今月はいっきに46枚の画像を申請しました。結果は46枚中38枚採用!まずまずの結果となりました。

今月は主に奈良市内の風景写真をメインでアップロードしました。fotoliaではNGだった大仏の画像もPIXTAではほぼ採用されました! 12月のアップロード用の写真はまだ撮影できていないのですが、季節もよろしいので、奈良県内の紅葉の写真を狙って撮影しようかなと考えています。お楽しみに!

写真ブロガーのためのHTML入門の第3弾です。
今日はテーブルタグについて説明します。

tableタグ(テーブルタグ)

このタグは少し使い方がややこしいです。
ちゃんと伝わるかどうかわかりませんが、がんばります!

まずこのtableタグで作ることができるのは、Excelの表のようなものだとお考え下さい。
横に行があって、縦に列があるような感じですね。行と列が交わるところが、1つのセルです。これをテーブルタグで表現するとこうなります。

<table>
     <tr>
          <td>ここにセル</td>
     </tr>
</table>
ここにセル

このように書くと、1行1列の1つのセルが表示されます。
あれれ、tableの他にも、「tr」とか「td」というタグが出てきたぞ、と思いますよね。これらはそれぞれ、
「table row」
「table data cell」
の略です。rowというのは行のことですよね。1つのrowの中に、data cellが1つ入っていますよ、というのが上で取り上げたサンプルです。さて、それではセルの数を増やしてみましょう。セルを表現するのはtdタグでした、ですので、

<table>
     <tr>
          <td>1つ目のセル</td>
          <td>2つ目のセル</td>
          <td>3つ目のセル</td>
     </tr>
</table>
1つ目のセル 2つ目のセル 3つ目のセル

このように書くことで、1つの行に、横方向に3つのセルが追加されます。
それじゃあ行を増やすのは、どうしたらよいでしょうか。勘のいい方はわかると思いますが、trタグを増やします。

<table>
     <tr>
          <td>1つ目のセル</td>
          <td>2つ目のセル</td>
          <td>3つ目のセル</td>
     </tr>
     <tr>
          <td>4つ目のセル</td>
          <td>5つ目のセル</td>
          <td>6つ目のセル</td>
     </tr>
</table>
1つ目のセル 2つ目のセル 3つ目のセル
4つ目のセル 5つ目のセル 6つ目のセル

このように2つめのtrタグのセットを追加しました。これで2行3列の表を表現することができました。

今日はこの辺にしておきましょう。tableタグにはExcelと同じように隣り合うセルを結合する、ということができます。これはかなり複雑な書き方になっていまして、Webデザイナーの私でも駆け出しのころはいまいちわかりにくかったくらいです。興味がありましたら、自分で調べてみてくださいね。それでは、また次回のHTML入門をお楽しみに!

Photo Libraryにアップロードした写真の審査結果がわかりました。

Photo Libraryの2016年10月の採用率は11%でした。

今月も動物の写真メインだったのですが、プロパティリリースの不備という指摘ばかりでさっぽり採用されませんでした。やっぱり生き物が被写体の写真は厳しいですね~。11月は奈良公園主体の写真ばかりなので、なんとか巻き返したいところです。

2016年10月のPIXTAの審査の結果がわかりました。

PIXTAの2016年10月の採用率は100%でした。

9枚アップロードして9枚採用です!

先月に引き続き、今月のPIXTAの採用率は100%でした!
fotoliaにも今回PIXTAにアップロードした写真を同じものをアップロードしてすべて採用されました。なんだかツイてる気分♪

11月にアップロード予定の写真もほぼ補正完了しています。月が明けたら速攻でアップロードするつもりです。結果が楽しみです!

1 / 512345