写真まみれをリニューアルするにあたって、いろいろなストックフォトブログや写真日記サイトを見て回りました。そこでみて思ったことが、

「あとちょっと工夫すれば、いいブログになるのにな~」

ということです。

というわけで、先輩写真ブロガーの方たちへ、ブログをよりよくするためのHTML講座を始めることにしました! ここで勉強して自分のブログをもっとよくしていっちゃいましょー。ブログを運営するにあたって、基本的なHTMLの使い方を紹介します!

aタグ(アンカータグ)

aタグとはテキストや画像ファイルにハイパーリンクを設定するために使うタグです。
基本的な使い方は以下の通り。

<a href="リンク先URL">ここに文字列</a>

です。このように書くことで、「ここに文字列」という個所でハイパーリンクの設定を行うことができます。さて、ここでちょっとしたコツを紹介します。リンクの文字列をクリックしたときに、ブラウザの別のタブや別のウィンドウでページで開くようにする指定ができます。それが、target="_blank" という指定です。これを踏まえて先ほどの例を書き換えると

<a href="リンク先URL" target="_blank">ここに文字</a>

となります。注意して欲しいのが、target指定の値は「_blank」です。「blank」ではないですよ! 最初のアンダーバーが肝です。こうすると新しいタブや新しいウィンドウでページを開くことができます。

imgタグ(イメージタグ)

imgタグは写真ブログでは肝となるブラウザ上に画像ファイルを表示させるためのタグです。このタグの使い方はこんな感じです。

<img src="画像ファイルのURL">

これで画像ファイルの表示ができるようになります。このタグにも先ほどのaタグと同じように、いろいろな属性を設定することができます。そのうちの1つがalt属性です。alt属性とは日本語では代替属性とも呼ばれていて、imgタグで設定した画像ファイルの代わりになるテキストを指定します。alt属性はこのように記述します。

<img src="画像ファイルのURL" alt="ペンギンの写真">

サンプルとしてペンギンの画像の例を取り上げたことにして、alt属性には「ペンギンの画像」と設定してみました。これは必ずこうしなくてはならないというものではありません。alt属性には自分の好きな文字列を設定することができます。このように画像ファイルに対してalt属性を指定すると、画像のファイルがサーバー上に存在しない場合、ブラウザ上にalt属性の文字列を代わりに表示してくれるブラウザなどもあります。また画像ファイルにalt属性を指定することでSEO対策にもなると言われていますね。

さて、今日はココまでとしておきます。
こんな感じでHTML講座を何回か連載していく予定です。どんどんレベルアップしていきますよ~。次の更新をお楽しみに。

【追記】
HTMLの事をもっと勉強したいという方のためにHTMLの解説サイトを運営しています。

HTMLてくてく道

HTMLやCSSの技術を優しい切り口で解説していくサイトです。
1年以上更新していませんが、写真まみれの更新がひと段落したのでHTMLてくてく道の更新も再開する予定です。こちらもよろしくお願いします!

コメントは管理者により承認されてから公開されます。またメールアドレスがコメントに表示されることはありません。お気軽にコメントをどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です